ホーム検索お問合せ掲示板

ホーム

Dllエラーの原因:先日、dllというウィルスに感染コンピュータウイルス/トロイの木馬。「トロイの木馬」は、これはアップデータや最新プログラムなどと偽り、ダウンロードや促す。マシンが勝手にコントロールされてしまったり、EメールやプロバイダのID、パスワードなどの個人情報が第三者に漏れてしまう被害を出す。ワームと同じく、他のプログラムに感染するなどの機能は持っていない。最高のコンピュータウイルス対策:トレンドマイクロ、シマンテック、マカフィー.トロイの木馬(spyware)を徹底駆除:Spyware Doctor最新版, Norton.window 98/2000/xp/vista/windows 7 (32 bit / 64 bit win7).
重要なお知らせ:Dll 見つからない エラー ?

インストール:Zip形式のファイルですので適当な場所で解凍してください。
wininet.dll本体をCドライブ、windows(WINNT)、systemのフォルダーにコピーしてください。再起動後に有効です。

通常はsystem32の場合が多いのですが、
>「必要なDLLファイルc:\WINDOWS\SYSTEM\*.DLL

と記載があるのでsystemフォルダーかな?
違う場合はsystem32フォルダーです

スキャンコンピュータウイルス/トロイの木馬.

regsvr32とは
regsvr32 とはCOMコンポーネントをシステムに登録するために使う、Windows付属のコンソールプログラムです。コンソールプログラムなのでコマンドプロンプトなどで実行します。

使用法

regsvr32 [/u] [/s] [/n] [/i[:コマンドライン]] ファイル名
                        


    オプションについて
オプション無し     指定されたコンポーネント内のDllRegisterServer()関数を呼び出して、コンポーネントをシステムに登録します。
/u     指定されたコンポーネント内のDllUnregisterServer()関数を呼び出して、コンポーネントをシステムから解除します。
/s     メッセージボックスを表示せずに実行します。
/i     省略可能な[コマンドライン]文字列を引数として、指定されたコンポーネント内の
 DllInstall(TRUE, コマンドライン文字列)
関数を呼び出します。/u と併用した場合は、指定されたコンポーネント内の
 DllInstall(FALSE, コマンドライン文字列)
関数を呼び出します。
/n     DllRegisterServer()関数を呼び出しません。/u と併用した場合はDllUnregisterServer()関数を呼び出しません。 このオプションは /i オプションと併用する必要があります。
 
DLL ファイルの登録時にライブラリの読み込みが失敗する

現象

loadTOCNode(1, 'symptoms');
Regsvr32.exe プログラムを使用して、Rsabase.dll、Rsaenh.dll、または Schannel.dll ファイルを登録するとき、以下のいずれかのエラー メッセージが表示されることがあります。
Regsvr32

LoadLibrary("file name.dll") failed.
- GetLastError の戻り値: 0x000001f
または
Regsvr32

LoadLibrary("file name.dll") failed.
- GetLastError の戻り値: 0x00000002
または
Regsvr32

LoadLibrary("file name.dll") failed.
- GetLastError の戻り値: 0x00000485
ここで、file name は登録する .dll ファイルの名前です。

原因

loadTOCNode(1, 'cause');
この問題は、Rsabase.dll、Rsaenh.dll、または Schannel.dll ファイルの依存ファイルが見つからないか、破損している場合に発生する可能性があります。

解決方法

loadTOCNode(1, 'resolution'); この問題を解決するには、必要なファイルの新しいコピーを以下の一覧から抽出します。必要なファイルは、エラー メッセージ内に示されるファイルに依存します。
Schannel.dll ファイルの依存ファイル
Msasn1.dll
Msvcrt.dll
Advapi32.dll
Wsock32.dll
Crypt32.dll
Rpcrt4.dll
Version.dll
Kernel32.dll
User32.dll
Gdi32.dll
Rsabase.dll ファイルの依存ファイル
Advapi32.dll
Ole32.dll
Kernel32.dll
User32.dll
Gdi32.dll
Rsaenh.dll ファイルの依存ファイル
Advapi32.dll
Ole32.dll
Kernel32.dll
Gdi32.dll
ファイルの抽出の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
 
Dll(Dynamic-link library)
ダイナミックリンクライブラリ (Dynamic Link Library,DLL)は、ソフトウェアの一種。動的リンクを使ったライブラリのこと。複数のプログラムから共通に利用できるように種々の機能をプログラムとは分離して実装したもの。本来的には、Windowsにおける用語であるが、Unixなどにおいても使用される。

たとえば、「マウスが今画面のどこにあるかを調べる」などという機能は、さまざまなプログラム(アプリケーション)が参照したい情報だと思われるので、その部分をモジュール化して、さまざまなプログラムが使えるようにしたほうがよい。このような場合に、この機能をダイナミックリンクライブラリとして実装することが多い。

実際には、Windowsでは、拡張子が「.dll」のファイルとして提供されることが多い。Unix系OSでは、/usr/lib や /libの下に、拡張子が「.so.バージョン番号[1]」のファイルとして実現されることが多い。

個人がフリーソフトなどを作成する際に、作りやすくするために作成して無料で提供されるものもある。ダイナミックリンクライブラリの一種にランタイムライブラリがある。

ライブラリが共有である事とダイナミックである事は必ずしも一致しないので注意が必要である。共有ライブラリはロードこそ実行時まで遅延するが、シンボルはリンク時に解決する。一方プラグインなどのダイナミックライブラリは実際にロードしてみないと内容が保証されないものである。多くの処理系では実装上両者は同じものだが、例えばDarwinでは明確に区別されている。
 



PDF変換  プロセス情報  Free dlls:missing dll free download

関連アイテム

投票

お探しのDLLファイルは見つかりましたか?
 

誰がいますか

現在
ゲスト 4 人
がオンラインです