重要なお知らせ:Dll 見つからない エラー ?

インストール:Zip形式のファイルですので適当な場所で解凍してください。
wininet.dll本体をCドライブ、windows(WINNT)、systemのフォルダーにコピーしてください。再起動後に有効です。

通常はsystem32の場合が多いのですが、
>「必要なDLLファイルc:\WINDOWS\SYSTEM\*.DLL

と記載があるのでsystemフォルダーかな?
違う場合はsystem32フォルダーです

ファイルを登録(または再登録)するには、次のように入力してください。
regsvr32 <ファイル名>.dll

OLEXP: メッセージ:不足する Advapi32.dll エクスポートに Wab.exe をリンクのにさ

現象

loadTOCNode(1, 'symptoms');
Outlook Express で Windows アドレス帳(WAB)を使用しようとすると、次のエラー メッセージを表示することがあります。
Wab.exe は、不足する Advapi32.dll エクスポートにリンクのにさせられています。

原因

loadTOCNode(1, 'cause');
この現象が Advapi32.dll ファイルが不正のバージョンだ、または破損する場合、発生します。

解決方法

loadTOCNode(1, 'resolution'); この問題を解決するために、適切な方法を使用します。

Windows 95

loadTOCNode(2, 'resolution'); Internet Explorer 4.0 からの Advapi32.dll ファイルの新しいコピーまたは Windows フォルダの Ie4_s1.cab キャビネット ファイルを 4.01 抽出します。 次の手順を実行します。

1. Windows 95 を再起動し、"Starting Windows 95" というメッセージが表示されたら、F8 キーを押し、[Startup] メニューから [Safe mode command prompt only] を選択します。
2. Advapi32.old に次の行を入力し、そして Enter キーを次に押したら、 Advapi32.dll Windows フォルダにあるファイルの名前を変更します。

ren <drive>:\<windows>\system\advapi32.dll advapi32.old

Windows がインストールされるフォルダの名前<ドライブ>が Windows フォルダが配置される<ドライブ>文字と<ウィンドウ>です。 例

ren c:\windows\system\advapi32.dll advapi32.old

注:このプロシージャには、 Advapi32.old 名前のファイルはありません。 ren drive:\windows\system\Ddeml.dll Ddeml.old
3.以下の行を入力し、Enter キーを押します

extract <drive>:<path>ie4_s1.cab /l <drive2>:<path2>

<ドライブ>が Internet Explorer 4.0 または Setup files が 4.01 置かれる<ドライブ>文字だ<<パス>が Internet Explorer 4.0 または Setup files が 4.01 保存されるフォルダへのパス>で、<drive2>が文字に Ie4_1.cab ファイルを抽出する<ドライブ>文字だだ<フォルダへの<path2>が <パスで> Ie4_1.cab ファイルを抽出するパス>です。 例

c:\intern~1.0se\ie4_s1.cab /l c:\intern~1.0seを抽出します。
4.以下の行を入力し、Enter キーを押します

extract <drive>:<path>advapi32.dll /l <drive2>:\<windows>\system

<ドライブ>が Ie4_1.cab ファイルが保存される<ドライブ>文字である場合、<で<drive2>がドラ イブ>であり、、どちらの Windows がインストールされ、そして<path2>が Windows フォルダの場所であり、<<パス>が Ie4_1.cab ファイルが保存されるフォルダへのパス>でしてあり、 例

c:\intern~1.0se\ie4_1.cab advapi32.dll /l c:\windows\systemを抽出します。
5.コンピュータを再起動します。

Windows 95 OEM Service Release 2(OSR2)

loadTOCNode(2, 'resolution');オ リジナルの Windows 95 OEM Service Release 2(OSR2) CD-ROM から Advapi32.dll ファイルの新しいコピーを Windows \System フォルダへ抽出します。 Advapi32.dll ファイルは、 Windows 95 OSR2 CD-ROM での Win95_17.cab キャビネット ファイルにあります。

Extract ツールの使用の詳細については、次の Microsoft Knowledge Base の資料を参照してください。

Windows 98

loadTOCNode(2, 'resolution');シ ステム ファイル チェッカー ツールを使用している Advapi32.dll ファイルの新しいコピーを抽出します。 システム ファイル チェッカー ツールを開始するために、開始をクリックし、ファイル名を指定して実行をクリックする名前ボックスに(引用符で)「 sfc.exe」を入力して、 OK を次にクリックします。

システム ファイル チェッカー ツールのファイルを抽出する、開始をクリックするための、ヘルプをクリックするための、キーワード タブをクリックするための使用方法の情報の「(引用符での)システム ファイル」を入力し、システム ファイル「チェッカー」トピックをダブルクリックする「インストール ディスクからシステム ファイルを抽出するために、」クリックして、表示を次にクリックします。
 
次へ >

メインメニュー